素行・浮気調査~慰謝料取得に至るまでを一括にてお請け致します。

■不倫相手も含めた慰謝料取得を目的とする浮気調査

■単に浮気を認めさせたいという簡易浮気調査

■相手の素行など実態を調べる素行調査や結婚前調査など

■その他付随する、電話番号調査や業態調査まで

どの様な調査方法にもご対応できます。

■そして、証拠は取得したは良いが、どうしたら良いのかが分からない…
内容証明??離婚給付契約公正証書??強制執行??
■浮気調査は勿論、慰謝料の取得までを徹底的にサポート致します。
■離婚協議書の作成や
公正証書の作成、そして交渉に至るまでを一括にてお請けさせて頂く事が可能です。

ゆえに、些細なご質問や疑問でも結構です。弊社のベテラン調査員とカウンセラーが貴方の立場となり親身なるご相談をさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


一円でも高い慰謝料の取得。そして、浮気の再発防止も含めた対策やアドバイスや、ご依頼者様のこれからの人生、そしてお子様がいらっしゃる方々には、お子様に与える影響やその打開策など、調査だけでは止まらず、ご依頼者様のご希望を全てサポートさせて頂くことが可能となりますので、お一人で悩まれることなく、是非無料相談をご活用下さい。ご依頼の有無を関係とせず、きっとお力となることができるでしょう。



フリーダイヤル:0120962968


クエロは【浮気調査】と【素行調査】に拘り探究し続ける探偵社

弊社の社名であるQUAERO(クエロ)とは、ラテン語で『探究する』という意味。

創業からの16年間、弊社では浮気調査素行調査、そしてそれらに付随される調査のみに着目し、弁護士、行政書士との三位一体となる連携から、専門的な探究と開拓を続けてまいりました。お陰様をもちまして、近年では年間1000件以上の調査実績を有しております。

調査機材の拘りや、独自の証拠収集方法開拓は勿論のこと、浮気をする人間の深層心理を分析した行動予測や16年に渡る調査結果統計を基にしたパターン別解析など、専門機関として恥じる事の無いよう現在も更なる向上に日々精進しております。

よって、他社の様にマルチなサービスこそご提供出来かねますが、浮気調査素行調査、そしてそれらに付随する調査に関しましては大いなる自信と実績がございます。

『不貞行為』の立証を第一とした浮気調査をご検討ならば、是非一度ご相談下さい。全国対応、来社(予約制)、出張相談(相談料、出張料、飲食代)も無料となっておりますので、0120962968までお気軽にどうぞ。

安心と信頼を第一に、ほうれんそう(報告・連絡・相談)の徹底

浮気調査や素行調査は不透明なもの。

ご依頼主様は『しっかり調査を行ってくれてるのかな…』『今日の進展はどうなのかな…』と不安や心配を募らせていることでしょう。

弊社では、そういった不安や心配を与えない様、ご希望があれば毎日お電話やメールにて近況報告や明日の予定などを報告させて頂いております。その他、些細なご質問や心配事にも親切に対応させて頂くことから、お客様との信頼関係を築き、いつでも安心した環境をご提供できるよう徹底しております。

お客様からの『ありがとう』が一番の報酬です。

不貞行為の立証を第一とした調査

ます初めに、よく浮気調査や離婚のご相談中に【不貞行為】という言葉をお客様から耳に致しますが、その意味を誤解されている方が多くおりましたので、これから簡単にご説明差し上げます。

不貞行為』=これは男女間の性交渉

よって性交渉を伴わない男女の密会等は「不貞行為」には該当しません。また、通常、「不貞行為」が離婚事由となるためには、一回だけではない反復した「不貞行為」が必要とされます。

その為、一度限りではなく、数回に渡る密会の証拠を取得していかねばなりません。ですが、不貞行為の定義は『男女間の性交渉』となりますので、ただ単に密会していたからと言っても

性行為に至っているのか否か

についてまでを把握することは困難(屋内である為)とされております。ですが、弊社ではその調査(把握)をも可能とした唯一の探偵社であります。

また風俗であっても他の異性と性交渉を持てば浮気ですが。たった一度だけの場合等では不貞行為とまではなりません。

しかし風俗大好き男性の場合等。何度話し合ってもその風俗通いが治らない場合には「婚姻を継続し難い事由」になり離婚請求ができますが、その風俗店や風俗嬢に対して慰謝料を請求する事は出来ません。しかし、出逢った場所が風俗店であっても一定の風俗嬢とプラベートな場所で金銭や物品での性交渉の契約無しに(売春:買春)肉体関係を継続している場合には不貞行為が認められ、その風俗嬢に対して慰謝料請求も可能と考えられます。

感情を抑え、まずは対象者を安心させ泳がせることが、有力な証拠収集を短期間で収集する秘訣と言えるでしょう。

決して言い逃れをさせてはいけません。

浮気調査
原則的には他の異性との性交渉があったり又、そう推認でき得るに充分なる状況が認められて初めて不貞行為となります。

例えば、ラブホテルに二人で入って20分以上出て来なかった場合は不貞行為が認められます。理由としては、ラブホテルの場合世間一般通念上SEXをする目的で利用するものと限定される為。但し、連続性、継続性が無ければなりません。また、異性宅であったりラブホテル以外のホテルであった場合には困難となるでしょう。無論、慰謝料の請求を度外視し、婚姻を継続し難い事由として争い離婚をするという一点だけに着目し、争う場合には1度でも有力な証拠となるでしょう。

不貞行為云々ということ以外にも、実際に個室内で何が行われているのか?という点もしっかりと証拠として押さえておく必要があるのです。ですが、実際には証拠として認められるケースは少ないのも事実です。ですが、少しでも多くの証拠を武器とする裁判では不必要とも言えないのです。

チャンスは1度限りとお考え下さい。

浮気調査のポイント

クエロの浮気調査は、表面的な画像や動画での証拠収集だけではありません。企業秘密の為、方法こそ明記することはできませんが、声紋・指紋鑑定は当然のこと相手に説明するまでもなく浮気を認めさせる証拠収集を行っております。

クエロの潜入浮気調査

慰謝料取得を目的とした離婚を目的とした場合、より多くの揺るぎない証拠収集が必要となります。そこで弊社がお勧めするのが、この『潜入浮気調査』です。

彼や彼女の職場や、趣味で通われているスポーツジムなどに弊社の調査員を派遣し、直接本人と友達とさせることで、浮気をしている証拠を収集していく。

通常の浮気調査で収集した証拠の裏付けとなることは言うまでもございません。ですが、こちらも戦略や相手の弁護士次第では決定的な証拠とならない可能性もあります。ですが、勝訴には証拠の数と質が重要視されますので、決して無意味な事ではないと言えます。

やはり、調査対象者の心を開き、信頼関係を築かなければなりませんので、多少のお時間は必要となりますが、抜け目の無い徹底的な浮気調査をお望みならば是非ご活用下さい。

慰謝料について

離婚の慰謝料には、婚姻費用や養育費のような算定式はありません。

慰謝料の金額の算定にあたっては、様々な事情を総合的に考慮して判断する必要があります。よって、一般にいわれている「婚姻期間×60万円」という計算式が必ずしも成り立つものではありません。


『離婚の慰謝料金額の算定において考慮すべき事情』

 
・婚姻期間の長さ
・離婚原因の内容と程度
・相手が受ける精神的ダメージ
・未成年の子の養育環境
・相手の社会的地位や経済的状況(資産や負債)
・婚姻維持のための努力度etc


離婚の慰謝料金額の相場としては、離婚原因別にみた場合、以下のようになっています。

特に理由が無い場合              0~100万円
浮気(不貞行為)の場合            100~500万円
悪意ある遺棄の場合             50~300万円
DV・精神虐待の場合             50~500万円

離婚の慰謝料については、婚姻期間と離婚原因・有責性の度合いに応じた基準として、大阪弁護士会の「家事事件審理改善に関する意見書」の中にある表が以下のとおりであり、参考になるかと思います。

婚姻期間/1年未満(軽度)100万円 (中度)200万円 (重度)300万円
婚姻期間/1~3年(軽度)200万円 (中度)300万円 (重度)500万円
婚姻期間/3~10年(軽度)300万円 (中度)500万円 (重度)700万円
婚姻期間/10~20年(軽度)400万円 (中度)600万円 (重度)900万円
婚姻期間/20年以上(軽度)500万円 (中度)800万円 (重度)1000万円

その他、慰謝料を請求する際のタイミングや弁護士の有無(弁護士同士の示談)交渉の仕方によっても大幅に金額が変動する場合もございます。その為、ただ単に証拠を突き付ける、弁護士に依頼したから円満解決という単純な話ではなく、案件ごとの慎重な対応が求められるのです。

その他、ご質問やご相談は下記まで

ご相談・ご質問はお気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

お気軽にご相談下さい。

フリーダイヤル0120962968

メールでのお問い合わせ

Powered by Flips
編 集